事故

車買取の疑問

事故に遭った場合

車を運転する事は、自分はどんなに注意をしていても、予期せぬ事故に巻き込まれる可能性が高いです。

自分は安全運転を心掛けていても、不意に歩行者が飛び出して接触してしまった場合は、歩行者に明らかに非があっても車を運転している方が悪い事になります。

車同士の事故においても、100%相手の過失になる事は少ないです。信号待ちで止まっていて、後ろから追突された場合など、自分では避ける事が出来なかったとしても、車は事故車扱いになります。

事故車になると、新車であっても査定価格は大幅に下がり、事故に合わされた方は損ばかりになってしまいます。

このような場合に、日本自動車査定協会に事故減価額証明書を発行して貰う事で、事故によって生じた傷である事を証明し、価格落ちを防いで貰う事が出来ます。

事故減価額証明書があれば、事故によって価格落ちしてしまった分を相手の保険会社に請求することが出来ます。全額が補償される事は、難しいようですが多少でも損した分を取り戻す事ができるなら、やっておいた方がいいでしょう。

ただし、事故減価額証明書は車の車体の骨格にかかわる部分が、損傷を受けた時に発行して貰えるものなので、バンパーやドアの傷では価格落ちを証明することが出来ません。

ドアやバンパーの傷の修理が高額でなければ、修理に出して査定をうけた方がいいかも知れませんが、車同士の事故は自分の不注意も指摘されてしまうので、危険を感じ無くても常に注意力を働かせている必要があります。

carview
車売るなら無料で査定

車買取の基礎知識

車の査定基準

車種による車買取

車買取の疑問

車買取の買取先

中古車業界

日本車のメーカー

Copyright (C) 2007-2010車買取 車査定 中古車査定 中古車買取 車売却 専門サイトcar-howmuch All Rights Reserved