天候

車買取の疑問

車買取時の天候

車の買取に天候が関係するのは、なぜでしょうか。車の状態がよく、大事に使用してきた場合は晴れた日に、明るいところで査定して貰いたいと考えるでしょう。

しかし、車体に細かい傷やへこみがある人は、出来れば晴天の下では傷が目立つので査定を受けたくないはずです。

ぱっと見は気付かないけれど、細かい傷がたくさんあるという人は、曇りや雨の日に査定を行うと良いと言われています。曇りや雨の日は、目立つ傷やへこみでなくてはなかなか目立たないので、査定の際に見落とされやすいのです。また雨にぬれる事で、車体が綺麗にみえる効果があります。

上手く天候が悪い日に査定を行えそうなら、昼間ではなく夕方や夜間に査定して貰う事で、曇りや雨の日効果を演出する事が出来ます。

また、査定の時は洗車をした方が印象がいいのですが、あえて洗車をせずに少し汚れたまま査定をうける事で、汚れが傷を隠してくれるので印象は良くないですが、傷を見落としてくれる可能性があります。

ただし、スピード査定でないと車を預ける事になり、天候が関係なくなる場合があります。また、洗車を行わないでいくと、査定前に業者が洗ってくれる場合があり、逆に印象が悪いです。

このように言われている事は、査定が上手くいく為のジンクスやおまじないのような部分が大きいので、査定で高評価を得たい場合は普段から、丁寧に車を扱うよう心がける事です。

carview
車売るなら無料で査定

車買取の基礎知識

車の査定基準

車種による車買取

車買取の疑問

車買取の買取先

中古車業界

日本車のメーカー

Copyright (C) 2007-2010車買取 車査定 中古車査定 中古車買取 車売却 専門サイトcar-howmuch All Rights Reserved