走行距離

車の査定基準

走行距離

査定では走行距離は重要な査定基準になります。中古車の購入を考えている人は、走行距離が少ない車の方がよいと考えるので、査定では走行距離が少ない方が高評価を得る事が出来ます。

査定における走行距離の基準は、年間走行距離が年間で10000キロと言われています。年間走行距離が10000キロを越えててくるとエンジンの劣化などの問題が考えられ、査定ではマイナス評価になります。

ただ、大幅に10000キロよりも走行距離が少ないという事でないと、大きく査定で高評価になる事はないと言われています。車の買取を検討する場合は、車の走行距離で判断する事も必要でしょう。

走行距離が40000キロを越えると、10000キロの基準での査定よりも10万近く査定価格が下がると言われています。人気車や高級車の場合は、50万も査定価格が変わると言われる程、車の査定において走行距離は重要です。

100000キロを越える走行距離の車は、過走行車と言われ、大手車買専門店やディーラーでは査定価格が0円言われてしまう事もあります。このような過走行車は、過走行車でも買い取ってくれる事故車買取専門店などに持ち込むと買取が可能です。

日本では過走行車はエンジンやその他設備の劣化により、安全な運転が難しくなる可能性があるとされ、過走行車は敬遠されています。しかし、海外では100000キロオーバ-の車は珍しくなく、事実上はそんなに問題はないと考えられます。

買取をして貰う場合は、過走行車は不利ですが、中古車の購入の場合は過走行車は値引きの対象になるので、上手くりようするといいかも知れません。

carview
車売るなら無料で査定

車買取の基礎知識

車の査定基準

車種による車買取

車買取の疑問

車買取の買取先

中古車業界

日本車のメーカー

Copyright (C) 2007-2010車買取 車査定 中古車査定 中古車買取 車売却 専門サイトcar-howmuch All Rights Reserved