車検

車の査定基準

車検

車の買い替え時期を車検に合わせて行う人が多く、車検と買取について知っておかないと損する場合があります。

車検とは、車が安全に走行できる状態であるかどうか一定期間内に国が管理して行う、車の定期検査の事です。陸運局が管理しており、車の外観や設備、公害状況等が検査され、検査に合格しなくては公道を走る事が出来ません。

検査を通過することが出来ると、車検証が発行され、車を運転する際は車検証が必要になります。車検は現段階で安全に走行できることが確認されただけなので、次回の車検まで事故が起きないと保障されている訳ではありません。

車検には国に支払う税金と保険料の法定費用と点検整備料金がかかります。法定費用は重量税や自賠責保険が含まれ、重量税は車の重量によって、自賠責保険は普通自動車か軽自動車かによって料金が変化します。一般的な乗用車の場合、車検一回につき約5万円近く料金がかかります。

買取をする際、車検が残っているか、切れているかは買取側には重要です。車検が切れている場合、車検切れを理由に値切られる事になるので、車検は切れているよりも、残っている方が業者としては得です。

車検が切れている場合よりは、切れていない方が高評価です。しかし、車検に出した場合の金額よりも、査定で上乗せされる金額の方が少ない事の方が多いので、車検が切れてしまった場合はそのまま査定に出してしまいましょう。

車検が切れそうな時は、車検が残っている買い取って貰う事で、査定評価があがるので早めに対処しましょう。

carview
車売るなら無料で査定

車買取の基礎知識

車の査定基準

車種による車買取

車買取の疑問

車買取の買取先

中古車業界

日本車のメーカー

Copyright (C) 2007-2010車買取 車査定 中古車査定 中古車買取 車売却 専門サイトcar-howmuch All Rights Reserved