車の傷

車の査定基準

車の傷

車は事故にあったり、ぶつけたりしていない場合でも、小さな傷はついてしまいます。

どんなに丁寧に乗っていても、前に走っている車から小石が飛んできたり、駐車中に歩行者の荷物がぶつかっていたりと、いつついた傷かわからないものが出来る事は多くあります。

車は普通に走行していても、雨風にさらされているので、砂利やホコリ等でも細かい傷はついています。

車を買取に出す場合に傷がない方が査定評価は高いので、傷を修理してから査定に出そうとする人がいますが、査定の為に修理に出す必要はありません。

小さな傷やへこみは、市販の車専用の塗装ペンなどで補修する事も可能です。あまり器用ではない人が行うと、かえって傷が目立つ事になったり、被害が大きくなる可能性もあるので特に無理をして修正する必要はありません。

修理に出さなくては直せないような傷やへこみは、修理に出してかかる費用と、傷を修復して上がる査定価格がつり合わないことの方が多いので、そのまま査定に出してしまいましょう。

傷の修復にお金をかけるよりは、車体を洗車して泥や汚れを流しておいた方が、お金もかかりませんし良い印象を与えて査定を有利に進める事が出来るかもしれません。

傷が原因で査定評価が下がる事は防ぐ事が出来ませんが、他の部分で大幅に査定評価が悪くならないようにし、車内の清掃や窓を磨く等をしておきましょう。

carview
車売るなら無料で査定

車買取の基礎知識

車の査定基準

車種による車買取

車買取の疑問

車買取の買取先

中古車業界

日本車のメーカー

Copyright (C) 2007-2010車買取 車査定 中古車査定 中古車買取 車売却 専門サイトcar-howmuch All Rights Reserved