洗車

車の査定基準

洗車

車の査定には、査定の基準に正式には組み込まれていないが、知っておくと査定価格を上げる可能性があるものがあります。

査定前に洗車をしておいた方がいいと良く言われますが、実際洗車を行っていないからといって査定がマイナスになる事はありません。

ただ、泥やホコリにまみれた車よりは、綺麗に洗車された車の方が、査定検査技師にいい印象を与える事が出来ます。また、汚れた車で査定を行うと、普段から丁寧に車を扱っていないという印象を持たれてしまいます。

丁寧に扱われていないと、車に不備も多そうだと思われていつもよりも厳しく検査されてしまうかもしれません。逆に、綺麗な車であれば、普段も丁寧に車を扱っているという印象を与えて、細かく検査をしないでくれる可能性があります。

車体だけでなく、車内の清掃も同様です。車内は普段乗っている分には、きにならない汚れやゴミがある場合があります。車内のタバコの匂い等は、査定のマイナスになります。

近年はペットが車に搭乗する事が増えていますが、ペットの匂いや毛は他人にとっては非常に気になる要素です。車内に毛等が落ちていないかも、しっかり確認しておきましょう。

自分は気にならないかもしれませんが、売りに出すという事は他人が今後乗る可能性があるという事です。売りに出すから、汚くてもいいと思うのではなく、売りに出すからこそ次の人の為に綺麗にしておこうと考えましょう。

そのように考えるドライバーの車なら、少しおまけして査定しようと考えてくれるかも知れません。

carview
車売るなら無料で査定

車買取の基礎知識

車の査定基準

車種による車買取

車買取の疑問

車買取の買取先

中古車業界

日本車のメーカー

Copyright (C) 2007-2010車買取 車査定 中古車査定 中古車買取 車売却 専門サイトcar-howmuch All Rights Reserved