車買取りと車下取り

車買取の基礎知識

車買取りと車下取り

車を買い替える場合や売りに出す場合に、買取や下取りという言葉を聞きますが、二つはどう違うのでしょうか。

車の買い取りは、新しく車を購入する際や購入するかはわからないが車を手放そうと考えた際に、車買取専門業者に車を売る事です。

車の下取りは、車を買いかえる際に新しく買う際に、ディーラー等に新しく買う車の購入資金の一部として渡す事です。

買取の場合は、車を売る事が目的なので手元に現金が入ります。その現金を新しく買う車の購入資金に使用してもいいし、車に関係ない事に使用する事も可能です。下取りの場合は、今まで乗っていた車を代金の一部として渡すので現金は手元に入ってきません。現金が手もとにない為、車を購入する事以外に下取り金額を使用する事は出来ません。

以前は車を買い替える際は、ディーラーに下取りをして貰い買い替える流れが一般的でした。しかし、近年は買い取り専門店もテレビCMをする大手業者がいて高価買取を行ってくれる為、買取専門業者に買取をして貰ってから、車を買いかえる人の方が多いです。

下取り価格よりも買い取り価格のほうが、高額に査定して貰える事が多い為ですが、メーカーで新車を買う場合は、同じメーカーであればディーラーの下取り価格の方が高額に査定して貰える場合もあります。車を売りに出す場合は買取専門業者だけでなく、ディーラーにも査定して貰い、少しでも高く査定してくれる方に売るようにしましょう。

carview

中古車 買取

車売るなら無料で査定

車買取の基礎知識

車の査定基準

車種による車買取

車買取の疑問

車買取の買取先

中古車業界

日本車のメーカー

Copyright (C) 2007-2010車買取 車査定 中古車査定 中古車買取 車売却 専門サイトcar-howmuch All Rights Reserved