新車

車種による車買取

新車

車の価値は新車として販売された時が最高にたかく、以降は日々価値が下がり続け、年間で3割は減少すると言われています。

中には例外もあり、何らかのプレミアムがつくと年々価値が上がる物もありますが、一般に国内で販売されている車にそのようなプレミアムが付く事はほぼありません。

仮に、300万で購入した車は1年で210万の価値になり、1年で100万近くも価値が下がった事になります。1日あたりに換算しても3000円以上も、日々価値は下がっており車の売却を考えたら1日も早く査定、見積り、契約を行う必要があります。

ほとんど走行していないような新車を売りに出す場合、新車として購入してから3ヵ月以内で走行距離が1000キロに満たなくても、一度売りに出された車は中古車になってしまうので、価値は新車として購入した際の70%であると言われています。

平均的に、車の買い替え時期は。3年目の車検のときか5年目の車検の時が多いようです。車はどんなに乗っていなくても、査定で新車購入と同額である事はありません。まれに、生産台数が少ない希少なもので状態が良いと、新車購入時よりも高値で査定される事もあるようですが、ほぼあり得ません。

新車を購入してすぐに売却する事は、色々な面で損する事になります。すぐに売却するような事にならないよう、新車の購入は慎重におこなう必要があります。やむを得ない事情で、車を手離さなくなってしまった場合は、1日も早く売却してすこしでも価値を残すようにしましょう。

carview
車売るなら無料で査定

車買取の基礎知識

車の査定基準

車種による車買取

車買取の疑問

車買取の買取先

中古車業界

日本車のメーカー

Copyright (C) 2007-2010車買取 車査定 中古車査定 中古車買取 車売却 専門サイトcar-howmuch All Rights Reserved